About

*

AirAsiaを使ってクアラルンプール&ランカウイに行ってみた【FLY-THRU&途中降機編】

airasia0224

またセールのメールがきて心がザワついております。。

さて、私が買った羽田-クアラルンプール-ランカウイのチケットはフライスルー便というヤツでした。
もちろんエアアジアを利用したことがなかった私は
フライスルーってなによ、と。

スポンサーリンク


調べましたところ、
LCCでない航空会社で乗継便を利用した場合、出発空港の時点で最終目的地までの搭乗券をもらって、かつ荷物も出発地点で預ければ目的地で受け取れるというのがってフツーかと思うんですがエアアジアで予約したフライスルーでない乗継便ですと、クアラルンプールで一度入国手続をして荷物を受け取ってから次のホールへ行ってチェックイン&手荷物預けをして目的地行の便に乗換しなくてはいけないという大変面倒かつ無駄に時間がかかる方法をとる必要があるようです。

え?なにそれ、じゃ、予約するチケットがフライスルーかどうかってどうやって分かんのよ?って話ですが
予約する際に出発地と目的地までの航空券を通しで手配すれば、自動的に「FLY-THRU」となるそうなのですが
入国審査をしないで出発ロビーに居られる滞在時間には制限があるとのことで6時間以上になると一度マレーシアに入国手続きをする必要がある模様。
そして、フライスルーになってるかどうかの確認方法ですが、予約番号がひとつになっていれば自動的に「FLY-THRU」になってるとのことです。

というわけで、私の便は「FLY-THRU」というヤツだったのですが
たまたまチケットを予約しようとしていた頃、せっかくクアラルンプールに寄るのでお茶でもしようかと思っていた現地在住の友人と連絡がとれなかった為
まぁ、会えないかもしれんがそれもまたしかり。
と上記フライスルーチケットを手配してしまったのですが
とり終えてから連絡をもらえて、やっぱクアラルンプールで一旦降りて会いたい!となりました。

が、待て。
FLY-THRUで予約したチケットはキャンセル、もしくは変更できるのか??について。
あるいはキャンセルっていうか、勝手に降りちゃっても大丈夫なのか?と。

何故かというと、以前LCCではない航空券でヨーロッパに行った際、行き:成田-ミュンヘン-ドイツ 帰り:ボローニャ(何故か少し安かったのでそうしただけ)-ミュンヘン-成田 のミュンヘンでトランジットの航空券を買った時に帰りに出来るだけゆっくり過ごす為にボローニャすっ飛ばしてミュンヘンから乗るとか無理なのかなと問い合わせたところ、一箇所でも搭乗が確認できなかった場合はそれ以降のフライトはすべて無効になります(強制的にキャンセル?)と言われて、ひぃーーーー!なんで!お宅それで損しないのに!?と思ったのでそういうのが普通なのかなと思いまして。
後々調べたところ、ストップオーバー可能なチケットというのもあるらしいのですが、格安航空券等では途中降機不可というものが多いらしい。つまりそれだった。

でどうよ、エアアジア!?格安も格安じゃねーか!出来るんか!?と。

ところがこちら、AirAsiaのサポートがですね、全然出ない。どうなってんの、コレ。
3日にわたって何度も電話するも。まぁー繋がらん。

で、困っていろいろ調べていたら、FaceBookのエアアジアのページ上で問い合わせて回答をもらっていた方がいらっしゃったので
そうか、ここからなら返事が貰えるのか!とメッセージをしたところ当日中に返信がもらえて
予約番号やら名前などをお知らせくださいとのことで連絡したら、近々メールアドレスに連絡がいくと思います。と翌日に連絡がきて
おっし!これで回答が貰えるぞ!とホッとしていたところ、一日たっても返信が来ないため
「いつになんの?」と再度催促の連絡。
すると「情報は、担当に伝えとる。 時期ははっきりとわからんもんで連絡がこなかったらまた連絡して(要約)。」
ときて2日たっても返事がないのでどうなっとんの?と聞いても返事がなく、更に3日たっても連絡なくまた連絡。
そしてやっと「この度はご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ありません。 フライトをキャンセルまたは変更の件は担当にお伝えしております。 問い合わせのお返事をいただいていないと伝えましたので、近々連絡がいくと思います。 よろしくお願い致します。」と。

一週間経っても尚、”近々”と言われるとは思いませんで。大変びっくりしましたがその日にようやくメールも届きまして。

—————
この度はエアアジアXをご利用頂き、誠にありがとうございます。
FACEBOOKより、キャンセル依頼を頂いたかと存じますが、エアアジアXの予約は、確定後のキャンセルによる返金はございません。予約のお日にちにご搭乗いただけない場合には、フライトの48時間以上前までにお日にちの変更(変更手数料+発生する場合の運賃の差額)が可能となります。
http://www.airasia.com/ask/template.do?id=266&name=Can+I+change+the+time+or+date+for+my+flight%3f&locale=ja_JP

またお持ちの○○○(予約番号)の区間につきましては、搭乗者変更も可能となります(48時間以上前まで+要変更手数料)。
http://www.airasia.com/ask/template.do?id=217&name=Can+I+change+the+name+on+my+ticket%3f&locale=ja_JP
—————

…ちなみに私が一番最初に送ったメール。
————-
D7 523羽田-クアラルンプール AK 6306クアラルンプールーランカウイ の便を予約しておりますが、こちらAK 6306の便を利用せず、クアラルンプールで観光し一泊してからランカウイ行きの便に乗りたいと考えております。 この場合、AK 6306をキャンセルまたは変更することは可能でしょうか? ご確認頂けますと幸いです。尚、予約番号は ○○○です。
————-
まず、キャンセル依頼までした覚えはないのですが、まぁそれはいいです。。
私の質問がなんかおかしいかね?
正直、Yahoo知恵袋さんでの一般の方からの回答以下の対応ですよ?と。
予約番号も伝えてどういうフライトか分かってるわけだろうしもう少し質問に沿って親切に応えられないものだろうか。
アレか?やっぱサポート日本人じゃないのか??日本語でプロモーションしまくりなページだったけど。

お、しかし待て!え!日にち変更可能なの!?と喜んでリンクから確認しましたが
いろいろやってみたがフライトまるっとは変更できても乗継便の変更とか出来るシステムになってない・・・
ええっと、コレは。。

Q&Aページをだらだらと眺めるも
変更する場合、エアアジアのコールセンターにお問い合わせいただくか、エアアジアの販売営業所/空港発券カウンターまでお越しください。
という表記しか私を救ってくれそうにない。知っとる、その番号知ってるってば。

仕方ない。。一応もう一回かけてみるか、と電話してみたら、3日ほどにわたってまるで繋がらなかった0120-963-516 に何故か繋がった。
で、改めて確認するとフライスルー便というのはもう羽田- KL -ランカウイ までがセットになっており結局一部だけ便を変更するということはできないとのこと。
しかし、返金はされないが乗継便に乗らずに降りてドタキャンするというのは特に問題ないとのこと。
その場合手荷物を預けてると自動的にランカウイへの便に積まれちゃうから乗る前にカウンターで言ってくださいとのこと。
…ってのが可能なんであれば、変更させてくれよーぅと思わなくもないけれど、
はやく手配すればクアラルンプールからランカウイは2000円しないくらいで行けるので
(返答待ってる間に高くなってしまったけれども、、)まぁいい良しとします。

なので、途中で降りたい場合はフライスルーにせず先にばらばらでチケットをとるのが一番良いのですが
フライスルーにしてしまった場合でも最悪降りちゃえば大丈夫!ってことをお見知りおき頂ければなと。
例えば、時間あるからクアラルンプールで一旦降りて観光してたら目的地駅の便に乗り遅れた!って場合も
自分で目的地行きの便を別途とれば問題ないわけです。まぁー自分的にはかなりヘコむと思いますが。

クアラルンプールの中心(KLセントラル行きってバスが出てます)までは一時間くらいかかりますが一泊でも結構楽しめるのでオススメです。
ちなみに在住の友人によるとこのLCCT(LCC専用ターミナルでLCC以外の航空会社はもうちょっと都心よりにターミナルがあります。)の移設計画があるらしいのですが遅れているとのこと。(追記:2014年5月にOPENしました。KLIA2見てきました。
そちらにの新LCCTに移動するとKLセントラルまで電車で30分くらいで行けるようになるらしい。そうなるといいなぁ!
コレですね。お約束通り遅れているらしい。本当だったらもうあっても良かったくらいなのね。残念。

というわけで、やはりなにかと日本人の常識どおりにいかないって話でした。



2014/02/24 | AirAsia, LCC, マレーシア,

コメント/トラックバック (7件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. はじめまして。
    11月にエアアジアで羽田→クアラルンプール→ランカウイのチケットを購入済みです。

    エアアジアのフライスルー途中降機を調べていて、こちらのサイトに辿り着きました。
    当方フライトは、KUL6:45着でLGK13:40発のKILA2で7時間のトランジットがあります。
    この時間をどう過ごすかを考えていましてて、7時間でKUL市街へ往復出来ないかなと思うに至りました。(KLセントラル近くで2~3時間プラっとする感じ)

    まずフライスル-の場合に、どこで入国審査をするのか、国内乗継とKUL降機ではどのような違いがあるのか分かりません。

    こちらのブログでもKUL市街まで行ったのか結論が書かれていなかったので、
    不躾で申し訳ございませんが、フライスル-でKULの降機が出来るのかだけでも、
    教えて頂けると幸いです。

  2. ご返信遅くなりましてすみません!!まさかコメントがつくとか思っとりませんで…。
    この記事の時点では空港も前のLCCTだったりで多少異なる部分はあるかと思いますが、実際、去年の9月、新空港のKLIA2で、フライスルー便の際に出国してみました。
    ↓そういえばこの記事がちょうどいい感じにわかるかと。

    http://gates.tokyo/?p=1800

    我々はそこまでの時間がなかった&ちょっとお高いわ!と思って利用しませんでしたが、上記記事の電車でKLセントラルまで30分で行けますので、7時間あればプラっと楽しんでこられると思いますよ!
    また、分からないことがあれば分かる範囲でお答えしますので是非、コメントくださいな。

  3. こんにちは。
    まさに同じく往路の乗り継ぎ便を放棄したいんですが、乗り継ぎ便放棄しても、復路はキャンセルされないか分からず心配しております…。コールセンター繋がらないですね。

    乗り継ぎ便放棄された時は、復路もエアアジアで同区間の予約をされてましたか?(同じ予約番号)

  4. おお。同様のことを考える方、結構いらっしゃいますね~。その辺、説明まったくなくてほんと不親切ですよね。
    尚、ご質問の件ですが、我々往路と復路で同区間の予約をしており復路はフライスルーで帰ってきましたので、往路で放棄したからといって復路でキャンセルされることはないので大丈夫だと思います。…なんですが、私の時は復路は復路で予約番号が別になってたかと思います。予約番号は一緒ですか?一緒ですと少し気になりますね。

  5. お返事ありがとうございます!

    コールセンターに繋がりまして問合せたところ、往路の一部を捨てても復路便はキャンセルされないとのことでした!

    ただ、荷物は最終目的地まで運ばれるので途中で下ろせませんと言われましたが…げいつさんはクアラルンプールで降りた際、荷物はどうされましたか?

  6. ちょっと言葉足らずでした。
    同じ予約番号でも、復路便は復路便で管理されるので、キャンセルはされないとのことです。ただ、復路便の乗り継ぎ地から搭乗することはできないそうです。

  7. いつの話だという感じですみません!ちなみに、荷物はこちらのブログにもあるように、私達は乗る前にカウンターでその旨告げまして、無事KLでうけとれました。今は出来ないんですかねぇ?




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑