About

*

STAP細胞の発見により自堕落人間の妄想がとまりません

 sea of Langkawi
小保方さんマジやばいっす。
あなたのように研究に情熱を注ぎ、努力を惜しまず、そして女性らしさをも忘れず素晴らしい成果を世に残す偉大な女性がいる傍ら、

「マジで?それって私今すぐ頑張らないでいいんじゃん?」
 という私のようなダメ人間の妄想がとまりません。

もうね、本当に希望しかないですよ。
もちろん「若返りも夢ではないかも」
「エッ!おまっ、今なんつった!?」っつーのも女性としては聞きづてならんのですが、

ある意味、それは若さというものが売りにならない厳しい世界で、
「生まれながらの美しさ」という
つまり遺伝子レベルの美しさが幅をきかせまくるんでは?と思うと、
まぁー、私が若返ってもね、しょせん私ですし。
蘇る美しさがありませんし。
なんなら整形した人は顔がSTAP細胞で元に戻っちゃったりせーへんの?つーね。

なので何よりも、

生きてさえいればもう死なないかも!

そういった飛躍した解釈が私を小躍り、いや大踊りさせたわけです。

だって、癌とか、老化によるあれこれだとか、そういったものすべて、初期化!つってSTAP細胞でなんとかできる(ざっくりしすぎ)としたら
人間もう病気では死にませんっつー世の中がくるんでないの?と。不老不死近し!

それで人が死なないとしたら人口増えすぎるから少子化とか大歓迎なんでないの?
そして更に少子化が進む → 生まれられるって超ラッキー → 今生きてるって素晴らしい!
人類の皆さまそんな発想の転換となりませんでしょうか。
女性ならではの悩みでもある出産とかも考えないで、ともかく長い長い自分の人生を楽しむには?っていう生き方。
どうしても産みたくなったその時に産めばいいんじゃね?と。
自分の可能性について何年かけてもいいっていうね。
この20年はミュージシャンでも目指してみっかな。
ダメだったから次は医者でも目指してみっか。
と、大人の責任とか親不孝にあたらないまっとうな人生とかそういうの考えず、バイトしながら夢を追いまくることもアリ。アリアリ。
やりたいことがあり過ぎる人に朗報すぎます。つまり私に朗報。
あ、考えてみると私って目的意識だとか向上心だとかさほどないクセにやりたいことだけはあり過ぎるという発見。
めでたい。
そうか、まだなにもしてないのに「人生短すぎる」って自覚も今までしてなかったぞ。おもろい。

しかもいつまでも働けるからもう定年とかも要らないしね、なんでもう年金も要りません。
病気の人が減るってこたー社会保障なんかにかかっていたお金もだいぶ減るんじゃないでしょうか。
安定した職とはって考え方もたぶんめちゃくちゃ変わるよね。安定してるから何?っつー。

我々庶民には、生きているうちにはどうせ使えん技術だよっつー話もありますけどね。

簡単な原理だという話ですし、私超絶健康体なんであと5,60年は生きてる予定ですし
こぞって世界が研究をはじめるでしょうからそんな遠い未来の話でもないんじゃないかなって。
関連のヤッバい商売とかもいっぱい出てくるんだろうなぁー。

うおっっほう!世界はどーなっちゃうの?
妄想がとまらん。

わたしは今、死なないことだけがんばればいいんじゃないかと思っている。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2020年11月
    « 2月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑