About

*

やっぱり風邪を治すには首湯に限る!

なんてこと!
もう2月じゃないか!!

ということで、いろいろ役に立つブログを書こうだとかそういった理想ですとか理念ですとかはこの際忘れまして
継続を目的になんでも書くこととする。
なんなら「書くことがない。」とか書くんでもいい。
ダメ人間、目標を高めに設定しては裏目に出るというものです。
やれることからコツコツとやろうではないか。うん。
なんか、もう、いろいろそんな感じでいっか。

そんなダメダメな感じなのに、今年はいい予感しかしてないよ!!

さておき、今年早々ちょいと無理しちゃう系タイプの人に巻き込まれたとしか言えない感じであらゆる風邪菌を取り揃えた冬の病院で休日を過ごすことになり、
それはもうたくさんの風邪菌を吸わざるをえない事態になり、万全でない体調だったんで嫌な予感がしてたんだが完全に感染。

そんないやな予感こそが病は気からっつーヤツでそれらを感染させてんじゃないかという気がしなくもないが、

まぁーそうであってももはや仕方がない。
そうして人生の中でも強力な部類のヤツに侵されたのです。

家でゆっくり出来てればそこまで酷いことにならなかったと思うんだけどどうしても行かなくちゃいけない上司との飲みが御座いましてね。

行ったら、そらもうなんて残念。テンションも当然低いわ、お酒も飲めないわ(ちょっと飲んだら明らかにヤバい感じがしたのでコップ3分の1も飲めんかった。)
なによりも、せっかくのふぐ懐石のまずかったことと言ったら!!悲しすぎる!

過去にもムリすっと如実に熱あがるっていうのは二度経験してたんで
わかってたんだけど、仕方ない。
誰得!?って感じだがキャンセルもできない会でしたし本当仕方ない。

もうね、ホントにまいったよ。
その夜は39.5度まで上がりまして。
わーい、高熱!!っつって何度も測ったよね。
39度台は二日目も続いた。。

んでね、もうこれ以上どうすっと私のカラダあかんです、ってのを分かりやすく語りかけてくれるっていうか、なんなの私の体と心の以心伝心!!っていうね。
私のカラダの意思伝達能力がハンパなかった。
日頃からムリできないというか、カラダの声に耳傾けすぎ感あるのでお酒も飲めなかったわけなんですがね、

思ったわけです。

去年の夏、同窓会で介護の仕事をしている男子が、カラダを冷やすのは本当に良くないっつって力説して
真夏だってーのに焼酎のお湯割り飲んでるんですよ。
あほかと。飲みたいもん飲めんなんてストレス溜まってかえってカラダに悪いっしょ、と。
ぷはーっ!とビールの飲めない夏など、ただでさえ夏嫌いなのに、もうそんなの日本に生きていたくないレベル。
そういう健康オタク的な神経質な人っつーのはなんだかんだ長生きせんのじゃないかと思った次第なんですが

今回のよわりきったワタクシのカラダは言いました。
体温以下の飲み物はNGです、と。それ飲んだらあたし死んじゃう…くらいのいきおいで。
そうですか、そんなこという私はじめてですね。と、もうそれはぼろっぼろのカラダでティファールのポットをポチりにいったワケです。
…おかしいな。一人暮らしじゃないんだけどな。

ゆっくり寝れないだろうから下で寝なさいと違う階でひとり寝ることになり寝ていたため、
いちいち呼び出すのもなぁーとそこそこ自分で動いたりもしたんですが、
今思えばあれは二階の旦那さんを電話で呼び出すべきレベルでした。

まぁーおかゆを作ってくれたりだとか、それはもう献身的に看病してくれてたのだけれど。
そんなわけで、カラダを冷やすというのは時には命に関わる事態危険な行為だ、と身を持って感じたのでした。

…って、感じたけどさぁーっ!
それは瀕死の時であってやっぱり健康体の時は好きなものを適度に好きなように食べていいんじゃないかと。
そいつはもう胸をはって言いますね。
オススメはポカリのお湯割りです。たぶん点滴に近い弱った体にやさしい飲み物です。

あとさ、インフルエンザにはなったことないから分かんないけど
高熱が出たからって病院に行ったりするわけなんですが、
一番しんどい時は動かない方がいいし、結局病院できることってちょいとちゃんとしたお薬が頂けるくらいで、
弱り切っている時に余計な菌が蔓延しているそんな危険地帯に潜入するなど自殺行為だと思うのですがいかがでしょうか?
とにかく出来るだけ体を温めて水分を多くとって薬飲んでよく寝て3日すぎても熱が下がらない時以外は風邪の症状で病院に行くのは本当に無意味だと思う。

経験上いい加減治りかけに行っちゃったりとかして、「では安静に。それでも治らなかったらまた来てください。」って言われるのがオチです。なら病院行かんで安静にしときゃよかったよっつーね。

あとね、我が家に昔から伝わる「首湯」と言われておる治療法がオススメです。
風邪はね、とにかく汗をかくことだと思うんですよ。
汗と一緒に風邪菌が出てく感ハンパない。
長めに入るにはギリギリな熱めのお湯を多めに湯船にはりまして、首まで浸かります。
そして、体が温まりきって、もう入ってられんっ!辛抱たまらんっ!!
となりましたらお風呂から上がり、そして体を拭いてすぐに布団をかぶりアツアツのまま眠ります。
ですんで、頭とかは洗わない方がいいかも。洗う場合は速やかに乾かして。
そのまま寝て汗かくと朝にはすっきりと熱がさがってることが多いです。

なんだかんだ今回もそれで治した気がする。
そして3日後には海外に旅だったのでした。

 

2014/02/04 | ぐだぐだ, 生活

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2018年5月
    « 2月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑