About

*

旦那さんと呼ばせて頂けませんか。ダメですか?

ちょい!

ちょいちょい!!

なんと、今気がついたんですが、もうすぐこのブログ一周年の模様!

おめでとう私! なにがめでたいのかわかりませんけれども。

ということで、一周年記念の毎日更新という後づけ企画でいかがでしょうか。

スポンサーリンク



 
ところでね、気になっていることがありまして。

 

自分の夫を「旦那さん」と言う人が嫌いな私(駄) : 家族・友人・人間関係 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

自分の夫を旦那「さん」と呼ぶのは変ではない? : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

それは、配偶者の呼び方。

このブログの愛読者の皆様(んなもんいるの?)ならお気づきのことかと思いますが、
わたくし、配偶者、すなわち夫のことをちょいちょい「旦那さん」と表記しております。

まぁー、公式(?)な場では「夫」「主人」「旦那」がベターであろうことは理解しておりますけれども。

そこまで言われること?

もうね、コレ結構叩かれてんの。
まじか、ダメなのかコレ。

と言いましても、実際「ウチの旦那さん」という言い方をどこで使うかというと、
普段は例えば友人の前とかでも名前で呼んでいるわけですので、まぁFacebookですとか?
いや、たまに友達の前とかでも使うかな。
つうか、夫とか言わなきゃいけないフォーマルな場ってあまり記憶にないんですが、
や、役所とか?会社の上司とか?
そこは旦那さんとは確かに言いませんけれどもね。

ともかく。

丁度いいのが用意されてないのがこちらの問題だと思いまして。

ほら、男性側からはさー、「奥さん」「嫁さん」っていう「さん」づけの丁度いいのがあるじゃない。

ほんっと、ニュアンスの問題なんですけどね、
ライトな日常会話に使う上で
「うちの主人」 …なんか、「ですのよ」とか続きそうな感じでキモイ。
「うちの旦那」 …なんか、エラそう。「ったら」と文句が続きそう。
「うちの夫」  …おっと、、、、

単純に、あまりにしっくりこない。

どうにかならんでしょうか。

ですがね、私は「旦那さん」いいんじゃないかと思ってんですよ。
このしっくりこない感、どうやら私だけではないから「旦那さん」に落ち着いている人が多いわけですね。

つまり、今後主流になっていく可能性も大なわけですよ。

わたくしね、
「その日本語の使い方は間違っている」
と、ことあるごとに言うおっさんなどがおりますけれどもね。

言葉っていうのは、日々進化しているわけですよ。
「昔はこういう風に使われていた。」なんて言ったってしょうがないっしょ。

例えば、
「あくまでも噂だよ。」などと言ったとして

「はぁ?「あくまでも」っていうのは、元々は「飽きるまで十分に」って意味だから使い方おかしいよ?」

とか言ったら、そっちが「はぁ?」である。

美しい日本語を、とか言いますが、美しいと思われているちょっと昔の日本語だって、きっと古来の日本語が俗語(?)で崩れに崩れて成ったものなのではないの?と。

違ってたらすみません。

ともかく、言葉は我々が作っていくものなのだから、感覚をもってしっくりいくように、自由に使っていいのではないのでしょうか。

 

ということで、私はこれからも自由に「旦那さん」を使おうと思います。
でーい。

2014/10/09 | ぐだぐだ

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2018年9月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑