About

*

他力本願にゆとりを語る

今日もどうでもいいことを書く所存です。

IMG_2132_20130920_132051

「ゆとり」世代について、なにかってーとな批判を耳にしますよね。
で、その批判を聴くたびに、あれ?それ私のことじゃねーの?って思ってた。
私、ゆとりのハシリなんじゃねーの?って。
一緒にすんなババァ!ですか? そうですか。

とりあえず、ググったら一番上に出てきたので引用させていただきますね。
ゆとり世代社員の12の特徴
http://the5seconds.com/generation-educated-latitude-5487.html

  • オフィスにかかってきた電話に出ない
  • 上司とのお酒をキッパリ断る
  • 顧客よりも自分のやりたいことにこだわる
  • 仕事の目的は「転職できるスキル」を磨くこと
  • ストレス耐性が低い
  • グーグル先生に依存しすぎる
  • 自信満々だけれども実践に弱い
  • 言われたことしかできない、やらない
  • いつまでもお客様感覚
  • 成長したいけど具体的なイメージがない
  • 不満を感じるとすぐに辞める
  • すぐに結果が出ることにしか興味が無い

ほうほう!私のことだね!っていうのがやはりいくつかありますよ。
苦手なのに飲まなきゃいけない体育会系の飲み状況というのは本当に理解できない。
ああいう軍隊の心得みたいのが備わっている人材はそりゃ組織には好まれるかもしれませんが、それはその人物が優秀だからなのではなくて会社の思うように動いてくれて稼いでくれる働き蜂だからでしょ?っていう考え方はきっとゆとりの方々もそうなのではないでしょうか。あ、空気読めってやつか?でももはや組織っていうのに属さないと生きていけない世の中でもないしな。
だからか、技術者にはそういうタイプ、オタクな感じのプログラマーの皆様とか同年代でもそういうの付き合ってませんでしたけどね。仕事以外は自分の趣味に時間使いたいんで、といった感じで。
そもそも、いつだって若い奴らは年寄りとは違う感覚を持っているのでありそれははるか昔からおっさん方は文句を言っていたようです。
基本的に若い人間と、考え方が違う。とか合わねぇー。と思うということは、それはすでにアナタが古い人間になっているのですよ、と。
どちらが合ってるとか思うのが違うと思うのです。いろいろとシンプルに考え方の違いです。

ゆとり擁護なのか自分擁護なのかわからなくなってきますけれどね、
わたしはね、ゆとり教育は悪くなかったんじゃないかと思いますよ。
とかく皆さんゆとりをこき下ろしたりしますけれども、

と言いますのも未来というのは、基本的に良くなっていくはずと考えてまして。
それは何故かって言いますと、未来をよくする為にとか、今の不満を改善するために頑張っている人の方が多いでしょうよ、と。
悪くする為に頑張る人なんて、例えば自己の利益の為にっていう人はそこそこ居るかも分かりませんけれど、それもある程度のところまで来ると一部の悪しき賢いやつらをのぞいては地位と名誉の為にももはや見え透いた自分の利益の追求はできないかと思いますし、お金を持っている人や賢い人は私のような下々の者が思う以上に世の中のことを考えている。つまり力を持っている人がそうで、その力の方が大きいのなら、良い方向に向かうのが当然ではないかと。あ、あとそしてがんばってない人の力など結局大きくは及ばないと思うの。なので私は今という時代ももちろん過去の人たちがよりよい未来を想像した結果のもので、常にそれを追求することによっての歪みの修正をしていっているのだと思う。自転車操業的にいろいろ問題が出てくるんでしょうが。

だもんですから、自分より下の世代っつーのは、上の世代で上手く行かなかったり、こうした方がいいんじゃないかなー?というところをどんどん修正していった結果の遠い未来への成長過程なわけです。つまり誰が変だとかダメだとか使えねぇーとか言おうとも未来は彼らが回していくわけですしそれはそれでなんとかなるもんなわけです。
もうね、みんな変化をもっと受け入れろって話です。

今の世の中は生きづらい、とか言う人がいますけれど、じゃあアンタはいつ生まれたら生きやすかったんですか?ってね。
まぁー時代によって性格に向き不向きはあるかと思いますけれど、今の時代に上手いことなじめないならいつだって大変なんじゃないかしら。

とにかくがんばってない人が文句ばっか言ってがんばっている人の足を引っ張るなっつーことですね。
いつの時代も優秀な人が頑張ってくれてるから安心しろって思ってます。

追:とかなんとか言って、なんだかこの文章にはもやもやが残ってまして。原発の本だとかを読んでたら、案外正義は勝ってないなと思うわけで。そして資本主義ってどうなんだと思ったりするわけですが、しかし大きく稼いで日本に貢献しているとも言える企業やらのおかげで、頑張れない人達も恩恵を受けていたりもするわけで、もうね、幸せってなんだろうと考えるとわけわからんくなるのですが、しかしひとりひとりがもっといろんなことをちゃんと知ろうとして、そしてひとりひとりがちゃんといろいろなことをしっかり考えなくちゃいけないんではないかという数日後の結論。「考えない」というのは実は諸悪の根源で多くの人間がそうであるならば世の中にものすごい影響を及ぼすことになるんではないかしら。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2018年12月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑