About

*

マウンティング女子ってなんなのさ

自分のどこが足りてないかについて考える日々。
んで、最近わかったんだけど、
そら、人生いい感じに長くなってきたので前からうすうすわかってましたけども

配慮が足りんですね。

みなさま、それなりにそうかと思いますが判断基準は自分じゃないですか。するとね、人がそんなこといちいち気にするワケないとか思っちゃうわけです。あまりにも自分がいろんなことを気にしなさすぎるので。

今日ね、ラジオを聞いておりましたら「マウンティング女子」なるものについて熱く語っている女子がおりまして。
なにそれ、おいしいの?
流行ってんの?
と思ったわけですが、ググりますといろいろ出てきましてね。
まぁーそんなわからん言い方せんでもウザい女ってことですか?
という検索結果でしたが、
ようは「自分の優位をさりげなくアピールしてくる女」といった人物像のようなんですが
マウンティング女子に気をつけろ!ってことでラジオの中では女子会の際、
「今日、気合入ってるね」
というだけでもうマウンティングされていることになっていたり、つーかどんだけあんた被害妄想強いんだと思ってアレコレ聞いておりましたら犬山紙子さんでした。

スポンサーリンク



 
なんつーか、バラエティ番組かなにかでお見受けした限りはお綺麗な方ですが、雰囲気的にはシュール系カテゴリでどこか残念な感じがかすかに同類のニオイがしていなくもなかったのですが(でも美人だからな、それだけで同類とは認められないんのだろう。)、ラジオでお話している限りでは顔が見えないワケであり、残念感増量。
なんてめんどくせーーーー!!!
人を性格悪いように言ってるが、それあきらかにその受け取り方が性格悪いだろ!
と、私目線ではそうなあたり、あああわーーー、そんなこと言うかもわからんな私。と、わたしって無自覚にヒトの癇にさわってるんだろーなーーとざわざわしながら聞いてましたとさ。

あ、ネタはこの本か。

レビュー読むとこちらの本では、自分がそういう女に見られてないか気をつけろ!的なニュアンスですが、今日のラジオでは何故か被害者側目線のお話で共感できるヒト少なかったんじゃないかなーと。この人お話お上手でないかもわからんね。
いや、ですがこういうこまけー人目線で語れるということが成功者の必須条件なんでないかと思うの。
ラジオといえば鈴木おさむさんのラジオも毎週金曜日になんとはなしに聞いているわけですが、この番組面白いと思ったらまたあんたか、と番組のエンドロールにあまりに鈴木おさむの名前が出てくるもんだからどんな人かと思ったら、すげーマジメな常識的な人じゃないですか。もうね、うわずみはそんなんばっか。すげーちゃんとしてる。

どうりでわたしは下々の者なわけですよ、と各分野で成果を出している人を見るたびに思うわけです。
そこで、ちょいちょい話題に出してくる小保方さんですけど。
彼女もどう考えたってそちら側なわけですよ。いや、そちら側にしてはこちら側ルーズさを多少なり持っていたのかもしれませんけれど、それにしたってインターネッツやらなんやらで責め立てている大抵の人間より真面目で優秀な方に違いないわけで。
わたしくらいテキトーに考えてますと、いろいろ粗はあろうともSTAP細胞が実用化されたら彼女は世界を変えた偉大な人物であり、その成果に難癖をつけられる理由なんてどこにあるのさと思うんですが。…STAP細胞があったらみんな手のひら返したように絶賛するわけ?どうするわけ?と思うんですが、世の中はいろいろとこまけーようです。ざっくり聞いている限りでは理研が悪いんではないでしょうか。

生きるって大変とか生きにくい世の中だとかそんな話よく聞くんですが、わたくし、まったくそんな感じたことなくってですね。それってたぶん頑張りが足りないんだろうなって。力抜きすぎだなって。どうやって力入れようかなって筋トレ方法を考え中。
「昔、無意識過剰って言われたことある。」って誰に話しても否定された試しがない。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2018年11月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑