About

*

才能はない方がいい?

我々、あり得ないほど一緒の時間を過ごしている夫婦かと思うのですが、いろんな話をします。

先日は才能について。

旦那さんが才能あるやついーなー!みたいなことを言っててそんな話になったわけですが、

才能、欲しいですか?
って聞かれたら、まぁーとりあえずは欲しいと思うよね。

いろんな才能があるから一概には言えないですけど、分かりやすい才能っつーか皆が望む才能っていうと、音楽や文才、絵の才能だとかの芸術的才能、もしくスポーツの才能あたりかと思うのですが違いますかね?

例えば芸術的才能なんかは親兄弟が音楽で食べていたり、母もわりと芸術家タイプであったりでそういう人が周りにいる環境で育ったから思うのかもですが、結構むずかしいところじゃないかと思うんです。
何故かっていいますとね、このテの才能って、「才能がありますね!!」ってくらいじゃ食えない。とりあえず、才能=成功ではない。ものすっごく才能があっても世の中の感性とマッチしてないだけでまったく意味を成さなかったりする。才能&努力が伴ってもなお!努力というより器用さが伴って食べているパターンはままあると思うが、運による部分が少なくない。それって結構しんどくない?と。

小学校の時に研究発表みたいのがあって、ゴッホについて調べて発表したんですけど、もうそんな子供の時ですら愕然としたよね。天才なのにどんだけ不幸なんだよと。で、その絵画が死後何億ってお金になっているというのにそのお金は本人には一銭も入ってないっていうね。なんなのそれ、芸術はお金持ちの為のなにかなの?と、それはもうショックでしたよ。

特にこれといった才能がないからこそシンプルによりよい人生をこなすための計画にはやくから着目できちゃったりなんかして安心安定の一生を過ごせるっていうのもあるんではないかと思ったりで、いやそうなりますと才能ってなによと。それも一種の才能なんではないかしら。

「幸せになる才能」とか。
幸せだと思える才能というか。
現状に満足できる才能というか。

「生きる才能」っていうのもあると思うのよね。
生きることに長けてるって人っているじゃない。

「私はこれをすることに長けている」と言えるものは全部才能といえるのか。
と、なるとなんらかの結果を出せば、それに関しての才能があると言っても良さそう。
だけど、結果を出してないからって才能がないともやっぱり言えない。

むずかしい。

才能があっても、というかこれもあるからこそ、自分がこれだって思ってやりたいことに夢中になっている間に年をとり、だからと言ってそれで食べれているわけでも世の中に認められているわけでもないというパターンも往々にしてありすぎると思うのです。

だからといって結果が出なかったという人生もまるで否定はできない。
でも目にみえるような結果でしか評価しない人がほとんどなんだろうな~とは思う。なにかと。
自分で物事を自分なりの視点で考えて評価できる人間は思う以上に少ない。

えーと、しかし人それぞれには個性というものがあるからして誰しもがなんらかの才能を持っているとも言えるのであり。
私にもなんかしらあるんだろうね。あるんだろうよ。いろいろ信じてる。つーかやりたいことは尽きない。
なんだかんだ結局やりたいことがあるもん勝ちだとは思っている。極めてハイリターンの可能性が低いハイリスクハイリターンであったとしても。
まぁ心身ともに健康な状態で生きていられればハイリスクでもなんでもかかって来いってなもんですが。

特にね、あのようなことにはなってますがわたしは未だに広がる想像の世界の楽しさゆえにSTAP細胞妄想を止めておらず、「死なない」というそんな世界がやってきたあかつきについて考え続けるここ数ヶ月なんですが、そうなってくると金持ちでも頭のいい人でもなく、やりたいことがある人が完全に勝ち組だと思うんです。いくらでも失敗できる。それってそうとうポジティブ要因。結果を出すまでいつまでも続けれれるし、自分の才能を信じているならば、生きていることに疑問を感じることも、「長く生きてたって仕方ない」と思うこともないんじゃないでしょうか。寿命が伸びるってすべての価値観がガラリと変わる革命的なことよね。

でも、捏造はともあれオボちゃんがSTAP細胞はある!って証明してくんないと今んとこ案外あっという間に人生おわる。
どう想定して生きるべきか悩み中。気が早過ぎる。しかし、その時が来る前にいろいろ想像しておきたいとも思うわけで。

で、結局「才能」ですが、
大事なのはね、自分をよく知ることなんではないかと。
これね、意外とみんな知らないっていうか知ろうとしてないと思うのね。
わたしもまだまだ自分についてわからんことばかり。
「自分のことは自分が一番わかってる!」とか言うヤツいるけどね。
それ、たぶんウソですから。
自分からしか見えない一面を知っているに過ぎない。
そしてそれを周りが分かってくれないと言うならば、伝える努力やらがたぶん足りてない。
んで、他人からしか見えない「自分」っていうのもそれ確実にアナタですからっていう無自覚なのがいっぱいあるからね。
そこら辺にも勇気をもって挑んでったほうがいい。知らないでおきたいことばかりでしょうが。
まぁー聞いたところで本音で言ってもらえることはあまりないかもですが。

それらもひっくるめてどこまでも自分という人間を知ろうとするべき。
そしたらね、なんらかの才能が見つかるんではないかとそう思う次第。
知ったところで何の役にも立たない才能かもわからんが生きるヒントにはなるであろうこと請け合いです。

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2020年6月
    « 2月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑