About

*

こまらない

わたしは今しあわせである。
毎日、ああーしあわせと、お茶をすすりながら
満面の笑みを浮かべてしまうほどにはしあわせである。

しあわせにお金は必要ない(まったくとは言わんよ)となんの迷いもなく言えるのは
配偶者のおかげなわけですが、

たとえば、彼にまったく収入がないとして
(現状不安定である)

よーーーく考えても、あまり問題を感じない。

何故って?
だってしあわせだから。

別に私が稼げるならそれでいーじゃない。と本気で思っている。
もちろん私とて、たいして高給取りではないし
女性の平均のレベルではあるが、でも余裕で同じような年収で一家族養っている人もいくらでもいるわけで

基本的に「世間体」という言葉が嫌いだったりもするし。

これはウチの母親の教育によるもので
「人と同じことしてどうするの?」と言われた日には(基本的にそういうパンクな考え)
ええーーーー!人と違うこと、そうそうできます?と、たいそう困ったし
人と同じことをする、という価値観がないと正直子供社会では生きづらかったりもしたのだが
人と同じことをしなきゃいけないという規制がないのは本当に自由で
自立するとそれはすごいアドバンテージとなる。
それなりの社会性と協調性があれば強みでしかない。

なので世の中がどう思おうとまったく関係ない。
という考え方ができることの強み。

こんなに私を上手に愛してくれる人はいないと思っている。
そう、彼はたぶん愛情表現の天才なのだ。
惜しみなく与えられる安心感。
お金もないのにすごい!

なんて!まったく金にならない
他人にはあまり伝わらない
すばらしい才能なのだろうか。

と、思うと、彼がなにかにがんばっている感じさえ見られれば
なにも問題を感じない。

楽観的すぎる。
それになんの問題があるというのだ。

あと、久々にここ半年で小さめの社会にもまれて思うことは
私はまーなんとかなるな、という安心感。
ちょっとくらい泣いたって、居場所を確保する生命力の強さ。

たぶん、今この国に住んでいられなくなって
うげー、マジでーーと思いながら命からがら難民になって
えーー、言葉ぜんぜんわからんがや!!どーすんのコレ!!

なんてことになったとしても、なにも悲観的にならずに
どうにかしようとするであろうという自分の生命力の強さへの絶大なる信頼感。

だいじょーぶだいじょーぶ!死ななきゃだいじょーぶ。
でもよく考えたら死んだらなにがダイジョーブじゃないかもよくわかんないから完全にダイジョーブ!などとよく口にするほど、悲観的になることの無意味さしかわからないこのポジティブな性格。

そこんとこ感じさせてくれたのすら彼のおかげだと思っている。

ひとを幸福にするのには欠かせないものすぎて
愛情ってあなどれんな。

友人のTwitterからたまたま読んだんだけどこの人本当にすごい。
http://kamipro.com/blog/?p=16006
「黒子のバスケ」脅迫事件の被告、渡邊博史さんなんですが
文章力高すぎて震えちゃった。
すんごい。この人が書いた文章、他もググって読みましたが素晴らしかった。

コレ読んで
「自らが犯罪に至った経緯を正当化する卑屈な文章だ」
「客観的な表現で自らの“闇”を描く強烈な自己愛がキモい」
と批評する人の発想だか読解力の方が私には恐ろしく感じる。

彼は出所したら自殺するとおっしゃっているようですが
上記のようなことを言っている人よりも確実に社会の役にたつ人間に既になっていると思うので是非とも生きてほしい。

こんな賢い人でもこんなことになっちゃうんだから愛、恐るべし。(愛というか正しい愛情表現。正しい愛情表現とはなにかというとたぶん相手にしあわせや安心感を与えられているか否か。)
本をポチろうかと思ったが出版社がわりとよく通る場所にあって
直接行けば売ってくれるかな?とか思ってまだ買ってないけど近いうちに読みたい。

あと、ここ2年くらい「マジメ」について考えてたんですが
先月やっと私の中で答えを見つけて納得してたんだけど
この記事にも、そう、それのことです。っていうのがあって
また別の機会に「まじめ研究」の発表みたいなんを書こうと思う。

2016/07/01 | 人生

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


  • HN:げいつ げいつです。そろそろゆとりが出てきたので、ちょいちょい更新するつもりです。
    FaceBookページ
    Twitter
  • 2018年10月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑